会社が求める人材について考える就職活動中の女性

就職難といわれる今の時代に仕事先が決まらず将来に不安をもっている方は多数いるかと思います。会社側が改めて今の時代にどのような人間を採用したいのかを知り、自分の就職活動に活かしていきましょう。

仕事とパティシエと契約について

仕事とパティシエと契約について、パティシエの仕事をしたい場合には、求人などの情報が店頭など、パティシエとして実際に働いている職場、例えばお菓子屋さんなどに求人広告などのチラシなどが掲載されており、そこから契約条件などを知ることもできます。

そのため、将来、このようなお菓子屋さんで働きたい!パティシエとして働きたい!という希望を持っている人の場合には、このような仕事へ応募することは可能ですが、契約は決められており、多くの場合は1か月などの期間としての契約となっていることが多いです。

これはどのような理由かというと、お菓子屋さんなどのパティシエとして働きたい場合には、精神力と同時に周りへの気配りや、ハキハキとした言動などが必要となる分野であるため、上記のような採用条件に満たさない人の場合には、多くの場合が、これ以上契約を続ける意味がないとして、1か月で雇用が切れるという条件にあります。

これは、お菓子屋さんなどの店舗では、売り上げやお客様へのしっかりとした応対で、全く売れるか売れないかなどの厳しい環境にあること、またはお客様へのしっかりとした礼節が出来ない人が、入った場合には、逆にお菓子などが売れないケースなども圧倒的に増えてしまうため、このようにおよそ1か月前後の契約で様子を見て、入社した人が本当に使える人であるのかどうか、今後パティシエとして雇っていくか、または弟子として受け入れる際に、雇用する意味がある人なのかどうか?使える人なのかどうか?が求められています。

そのため、上記のようにしっかりとした礼節がない人や、挨拶などをはきはきと出来ない人の場合には、雇用する価値がないとして、契約が打ち切られてしまいます。